EM大阪販売所

今、地球に私たちが出来る事・・・
 21世紀は明るく平和で、素晴らしいものであると私たちは信じています。
しかしながらそれは自然に与えられるものではなく、人間の英知で勝ち取らなくてはならないのです。

 長年に亘り私たちは、地球と自然の恩恵を享受し今日までの輝かしい歴史を創造してきました。しかし今、地球は病んでいます。このままでは企業や社会。人類の歴史は継続できないのではないか、何とか自然破壊を防ぎ、ひとびとの健康や幸せに貢献できないだろうかと模索するなか、私たちは琉球大学・農学博士 比嘉教授が発見されたEM(Effective Microorganisms=有用微生物群)と出会いました。

 現在世界中で大変な勢いで普及しつつあるこのEM技術を研究理解し、少しでも多くの方々に知っていただくことが、今日の環境、エネルギー、食料、医療などのさまざまな問題を解決に導く手掛かりになるものと私たちは確信します。そして、この事業を力強く運営し発展させることは、21世紀の視点を持つ公共の器である私たちミラテックの使命なのです。
EMが「人・暮らし・い生命」の世紀を開く鍵
 EMとは、Effective Microorganismsの略で、有効或いは、有用(役に立つ、効き目がある)微生物の事です。

 現在地球の持つ方向性、それは蘇生の方向へ向かうか、崩壊の方向へ向かうかです。このまま現状を維持する事はありえません。蘇生の方向へ向いていけば生命は健康で生き生きと成長し、崩壊の方向へ向けば、病原菌や腐敗菌の働きが強くなって万物を死に至らしめる事になります。

 EMは合成系の微生物を中心として発酵系の微生物が連動し、これに浄菌系の微生物が連動する形で構成されています。この3つのタイプの微生物が連動して働き出したとき、人も動物も土壌も蘇生の方向へと動き出します。
 EMには、酸素を嫌う嫌気性菌や酸素がないと生きられない好気性菌、更に好酸性菌、好アルカリ菌、抗生物質をつくるグラム陽性菌、低温菌、高温菌など、土壌を発酵合成型に変換するための多種多様な菌類が含まれています。その中で中心的な役割を果たしているのが光合成菌で、嫌気性と好気性という正反対の菌をはじめ、性質の異なるその他各種の菌を連動させています。
 EMは蘇生型微生物の代表選手ばかり、10属80種を集めた強力な生き物の集団であるといえます。これは化学物質でもなく農薬のようなものでもない。「有用微生物群」で土の性質を微生物の活動を通して根本的に変えてしまう働きを持っているものです。

 我々の生活も環境を汚す生活から環境美化へ向けていかねば地球は崩壊の方向へと進み続けます。
 EMを使用することで人の身体も、地球も、活性酸素を減らし抗酸化力を高め、更に水系の生物が豊かになり、海の浄化にも役立ちます。

 地球の汚染は過剰な酸化現象で、現在の汚染の規模は、地球の自浄能力をはるかに超えています。オゾン層が破壊され、一酸化炭素の増大、水系の循環濃縮的汚染が人のDNAを破壊の方向へと変化させていっている現在を、今、一人一人が真剣に考え、一日も早く地球と人に良い環境を作るためにEMが一人でも多くの方々に利用して頂けることを私共は願っています。

ページトップへ